20170503

ゴールデンウィークというものを経験するのは今年で21回目になります。毎度毎度この週間はすごく楽しみであった記憶があるのですが、どうも今年はそうもいかないらしく、非常に厳しくなっています。

運悪く証明書を切らしてしまい、明けの月曜にある御社のイヴェントに持っていくことが出来なさそうで本当に最悪になっています。まあこの手の書類は得てして後日でも良かったりするので、後日でダメだったら縁がなかったということですね。ガハハ…。

御社の人もゴールデンウィークで休んでいるらしく、色々な連絡は明けた後になるっぽくて、まあここで連絡よこされても困るよねという感じではありますが、一方でこうも微妙に何もない期間を与えられるとそれはそれで落ち着かないですね。

東京は遠いね、本当は大阪だって、京都ですら僕には遠かったのかもしれません。特別な何かも、当たり前のことも自分には過ぎたことであったり得られないものであったりするのではないかという思いが日に日に増してきています。これを打ち破るには社会から形ある何かをもらうしか無い。北海道でヒグマや鹿を撃って生計を立てている人や、冬のオホーツク海でトドを狩猟する人など、色々な人がいて、様々な生き方がある、そういうことを噛み締めていかないといけません。

夏の足音が近づいている………。